読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishikien’s blog

お茶に纏わる事柄をつらつらと。

ペットボトルのお茶が売れなくても売上なんて上がりません。

「お茶はリーフで。」
「ペットボトルのお茶ではなく急須で。」

一般のお茶好きの方からの言葉ならまだしも、茶業者から声高々に語られると少々不思議な気分になります。

ペットボトルなどドリンクの茶系飲料の原料は言うまでも無く「茶」です。大手メーカーなどのコピーを見れば国産茶葉100%使用ですから、原料も日本産であり、売り買いは日本の業者間で成立しています。

数年前に飲んだペットボトルは、このお茶よりも美味しくないリーフもあると素直に思える品でした。このレベルがコンスタントになったら利便性では無い何かを伝えない限り、リーフや急須を使って飲む理由は無くなるでしょう。

茶価低迷の理由のひとつはペットボトル用の原料茶です。買い手の必要性からより安価な価格帯の茶が大量に必要となった結果ですが、その価格に対応出来ている生産者であれば全く問題はない事です。この図式はおいそれとは覆る事はありません。ある一定の品質であれば、原料手配は出来るだけ安くと動くのは当然だからです。
 
ドリンクの茶を敵視する茶業者の多くは、それが売れる事によってお茶本来の楽しさ、面白さが失われる事を危惧するのではなく、自らの売上が下がると考えてなのが透けて見えます。
そもそも全く別の商品なので、売り上げには影響しませんし、仮に影響があったとしたらドリンク以下の茶を販売している証明です。
 
ドリンクの茶系飲料によって裾野が広がり、急須を使ってまでいれようと思えるお茶とその時間の楽しさの発信。そして、使ってみたいと思えるような茶器や急須の提案が出来る時代が既にやって来ている事に皆さんが気づけるといいなと思います。

さて、最後に。製造から流通までに時間の掛かるドリンクの茶系飲料はどんな値段であれ、良茶を手ずからいれた茶には美味しさも含め、絶対に勝てません。これは絶対にです。それを具現化し揺るがないものとするのも私の仕事です。